口内炎について of 北区 天神橋 扇町/歯科 審美歯科 小児歯科/おの歯科クリニック です!-優しく,親切,丁寧な歯医者さん



印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

〒530-0041                
大阪市北区天神橋3丁目10-17
松村ビル1F
tel 06-6881-1122
予約制

2014-02-21
 HOME > 歯とお口の百科事典 > 口内炎について

dummy_056.jpg

歯とお口の百科事典

口内炎について


口腔粘膜に発現する炎症を総称して口内炎といいます。症状によって、また部位によって細かく分類されます。

口内炎の種類

症状・・・アフタ性口内炎、カタル性口内炎、潰瘍性口内炎、水疱性口内炎など
部位・・・口唇炎、舌炎、歯肉炎など

口内炎の原因

 口内炎は細菌やウィルスが原因になって起こるもの以外に、歯みがき不足による汚れや、入れ歯の不具合で口腔内の粘膜が刺激されてできることもあります。他に全身疾患が原因になる場合があります。

口内炎になったら

 口の中の粘膜が直接刺激されている場合、まずはその原因を解消しましょう。 放っておいても数日で治ることが多いですが、同じ場所に何度もアフタ(白い斑点)ができるのは、何らかの刺激が原因となっていると思って下さい。また治るまでは刺激のあるもの(コ−ヒ−、たばこ、柑橘類など)は避けましょう。
広範囲に冒されたり、高熱をもったり、なかなか治らない口内炎がある場合は、何かほかに病気をしていないか調べることも必要になります。


昔から口内炎は胃が悪くなるとできるといいます。胃が悪いためにできるものもありますが、今では直接的な原因になるとは考えられていません。
 よく口内炎ができる人は一度原因を調べてみましょう。一度当院にご相談ください。